中国旅行の専門サイト
(日本語対応)
【営業時間】(月~金)09:00~18:00
24時間緊急連絡:1388-032-7247
中国の観光地
Contact US(日本語対応)
TEL: 0086-28-66780122
FAX: 0086-28-84548908
E-mail: ryychina@hotmail.com
service@ryychina.com
24時間以内に返信いたします
あなたの現在の位置 >  トップページ  > 中国観光ガイド  > 中国観光ガイド
请稍候...

浜海路風景区

大連市の南部に位置する海浜公園。公園一帯には山や海、島、林などの自然があふれ美しい風景を構成している。東側の入り口には東海公園(海之韵広場とも呼ばれる)があり、途中の「虎灘楽園」、西側出口の「星海公園」までの30キロにわたる道の両側に沿うように、多くの観光スポットが点在している。北九州市と友好都市提携を結んだことを記念して建てられた吊橋「北大橋」もその一つである。また、周辺には高級ホテルから、会社の療養所、外国人マンションのほか、安めのホテルもあるので、外国人観光客の姿も多く見られる。海をベースにして大連を楽しみたいならおすすめの場所だ。
1990年に作られた市の中心から7.2キロ南にある海浜リゾート。虎灘楽園は老虎灘公園、水下世界、鳥語林などからなる。東には美しい伝説で知られる老虎灘公園があり、中部には新しく作られた娯楽センター、西には水下世界、群虎彫塑、鳥語林がある。それぞれ多彩な姿で人々に親しまれている。特に“美人魚”、“孔雀東南飛”のアトラクションは人気が高い。

 

 

虎灘楽園

虎灘楽園は大連市南部の海岸地帯の中ほどに位置しており、その面積は118万平方メートル、海岸線は4キロにわたってつづいています。青い空、青い海、青々と茂った山と変わった石の数々、そして山と海が交錯しながら世にも珍しい海沿いの風景を形作っています。

老虎灘の名前の由来に関しては、いくつかの説があります。昔ここに虎がいた、というものから、海に面した老虎洞と呼ばれる洞窟が満潮時に虎が吼えるような音を立てるため、という説もあります。この地名に関してはまた言い伝えられている物語があります。それはこのような話です。はるか昔、この山の上に一匹の虎が住んでおり、しょっちゅう山を下りては人や家畜に悪さをしていました。ある時、龍王の娘が岸辺の坂道で花を摘んでいるとこの虎に追いかけられ、食べられそうになったところを声を聞きつけた一人の石槽という若者に助けられました。助けてもらった恩返しにと娘はこの石槽と結婚しますが、彼は「虎を退治しない限り、人々はいつまでもおびえて暮らすだけだ」と結婚したその日に山に虎退治に向かおうとします。そこでこの娘、龍女は彼に教えます。あの虎は天上界の黒虎星が地上に下りてきたもので、その力を押さえるためには竜宮に有る宝の剣でなければならない、と。二人で話し合い、龍女は竜宮に剣を借りに戻ることを決めますが、龍女が戻ったその日、あの虎がまたもや山を下り人々を襲いはじめました。石槽は剣が届くのを待ってはいられない!と虎に立ち向かいます。彼の剣は虎の牙を飛ばし、その牙は海に落下し「虎牙礁」になりました、また虎のしっぽをつかむと力任せに振り回し、旅順口の湾内に、最後は虎の頭を半分切り落とし、これが湾の向かい側にある半拉山に変わりました。大連各地の虎の付く地名はここから来ているのです。虎はついに退治されましたが石槽も疲労のあまり頭から海に倒れ込み、石へと変わってしまいました。剣を借りて戻った龍女は、この情景を見て悲痛のあまり石へと変わり果てた夫のそばで一日中泣き続け、ついには自身も石になってしまいました。美人礁と呼ばれるこの石をはじめ、その他の石も全て海に浮かんでいるのを見ることができます。

大連虎灘楽園は1990年に建設が始まり、年を追うごとに新しくなり、今では我が国東北地区最大の現代レジャー施設となりました。主な見どころとしては海洋生物表演館があります。これは我が国で最も古くからある海洋動物表演館で、3500平方メートルもの面積をほこり、2500人が同時にショーを楽しむことができます。とくに国外から連れてきたアシカはよく訓練され、いくつもの難しい芸を難なくこなします。例えば「片ヒレ倒立」「ボールを載せて一回転」「ミニイリュージョン」などをユーモラスに演じ、いつでも観客を楽しませてくれます。また下層部の水下世界は我が国最大の海洋生物展示館で総面積3300平方メートル、全長220メートルから成っています。中にはサメ、イルカ、鯛、ウミガメ、ペンギン、珊瑚など100種類以上、2000匹以上の海洋生物がおり、様々な衣装を着た、また人魚による潜水ショーは旅行客に非常に親しまれています。

虎灘楽園の中には他にも我が国初の半自然状態の人工による鳥の楽園「鳥語林」があり、特に「孔雀東南飛」のブースは人々を魅了し、様々な小鳥たちのショーがさらに帰り難くさせています。また、海の上から大連を眺めたい場合はここから大連南部海域では最大の遊覧船が出ています。各船は80トンほどの大きさで、140の座席があり、三艘有る遊覧船はそれぞれ棒すい島、星海湾、付家庄まで出ており、全航程は一時間ほどです。もし空中から海の風景や虎灘楽園の全貌を眺めたい時は、ここには海を渡って運行している全長600メートルのロープウェイがあります。

 

 

星海公園

濱海路に付いて西方へ行けば大連10大風景中の一つである星海公園に到着する。星海公園は邂景区の西の方に位していて邂景区の重要構成部分である。 15万平方キロメートルの庭園と長さが800mである弓形の海水浴場で成り立っている。

庭園内にはあらゆる花たちが咲いていて石道が多くの分岐点で分けられていて景観が非常に美しい。公園の両端は海と接していてその終りに立って海を観望することもできる。海水浴場の砂浜は平坦で水勢が緩くて水深が適当で毎年の夏頃は旅行客たちの足が絶えない。

大連関連ツアー